• 今日16/10
  • 明日16/8
文字サイズ

コロナ禍でのインフルエンザにご注意を

19/21

東京都福生市
記事本文を読み上げる

冬は空気が乾燥し、のどや鼻の粘膜(ねんまく)の防御機能が低下するため、インフルエンザなど多くのウイルス感染症にかかりやすくなります。インフルエンザでは38度以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、全身倦怠感(けんたいかん)等の症状が比較的急速に現れるのが特徴です。
また、乳幼児や高齢者は重症化するリスクがあります。

◇次のことに気をつけて感染症予防対策に努めましょう
(1)適度な湿度(50~60%)の保持
(2)こまめな手洗い、手指消毒
(3)三密(密接・密集・密閉)を避ける
(4)人混みや繁華街への外出を控える
(5)十分な休養とバランスのとれた栄養摂取(せっしゅ)

問合せ:保健センター
【電話】552・0061

◆高齢者インフルエンザ予防接種について
公費負担で接種ができる期間が間もなく終了します。以下の対象に該当する方で、接種希望の方は、お早めに接種してください。
日時:1月31日(火)まで
対象:接種日当日に市内在住で、次の(1)または(2)に該当する方
(1)満65歳以上の方
(2)満60歳以上65歳未満で、心臓・じん臓・呼吸器の機能、または、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に障害があり、身体障害者手帳1級相当である方
費用等:全額無料
※生活保護受給中の方は、生活保護法適用証明書を、中国残留邦人等支援給付受給中の方は、支援給付受給証明書または本人確認証(写し)を、指定医療機関にご提出ください。
持ち物:健康保険証、身体障害者手帳(上記(2)に該当する方)
接種方法:接種は1回です。市内指定医療機関で接種してください(一部医療機関は要予約)。また、都の大規模接種会場(東京都行幸(ぎょうこう)地下ワクチン接種センターおよび東京都立川南ワクチン接種センター)で、新型コロナワクチンとの同時接種ができます。詳細は、市【HP】および東京都【HP】をご覧ください。
その他:市内指定医療機関は、広報ふっさ10月1日号また【HP】はをご覧ください。またワクチンの在庫確認のため、予約不要の場合でも、事前に医療機関へご確認ください。

問合せ:保健センター
【電話】552・0061

       

福生市より市民のみなさまへ大切な情報をいち早くお届けします。 広報プラス ー広報ふっさー

MENU